MENU
「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの詳細


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です

お金を借りる銀行で | 即日融資も可能なおすすめカードローン

お金を借りるとき、選択肢として銀行や大手消費者金融のカードローンがあげられます。

 

当サイトは、利用者に便利な銀行や大手消費者のカードローンを厳選して紹介していくサイトです。おすすめは全国どこからでも借り入れ可能なサービスを利用することです。

銀行と消費者金融のどちらでお金借りる選択するか迷った時

お金に困った時には、カードローンやキャッシングを利用するという選択肢がありますが、銀行と消費者金融のどちらを利用すれば良いか迷う人もいるかもしれません。

 

どちらかを選べば良いという結論を言うことができれば良いのですが、それぞれに良い面がありますので、状況によって選ぶことになります。

 

まず、銀行の良いところは、融資してもらう時の条件が有利であるということです。

 

上限金利を銀行と消費者金融で比較すると、多くの消費者金融では年約18%ほど、銀行では年約15%ほどとなっており、銀行の方が約3%程度低いというケースが多いです。

 

100万円以下の借入をすることが多いでしょうが、その場合には上限金利を適用されることがほとんどですので、この3%の差が大きな違いになります。

 

たかが3%と思う人もいるかもしれませんが、少しでも利息が少なくなり返済が楽になる方が良いはずです。

 

また、銀行は限度額の最低ラインが10万円となっていることが多く、どちらかといえば大口融資に向いているということになるでしょう。

 

一方、消費者金融は審査のスピードが比較的速く、無利息期間の商品を用意している会社もあり、比較的少ない金額を借入したい場合に適しています。

 

銀行のカードローンで借りる時の審査を知ろう!

銀行のカードローンは金利の面で条件が良いものの、審査は厳しいという声をよく聞きます。しかしながら、ごく一部の人しか利用することができない、というような極めて難しいものではありません。

 

年収が200万円程度あり、他に借金をしている件数が少なく、過去の借金でトラブルがない、という3つをクリアしていれば審査に通る可能性は十分にあります。

 

カードローンサービスによっては職業や勤務先の違いで有利不利はあっても、おおよそ年収200万円のラインを超えていて、勤続年数が1年以上あれば審査に申し込むのに問題はないと言われています。

 

他社の借金は、多重債務の観点から厳しく判断されますが、借入先が3社までならギリギリ通る可能性は残っています。

 

(※ただし、優良なキャッシングサービスであればあるほど審査には通りにくくなります)
※参照:多重債務の相談窓口_国民生活センター

 

過去の金融トラブルがあるとお金を借りるには不利になる

過去の金融トラブルについては、既に完済していたとしても、延滞や債務整理をした記録があれば審査に通ることが難しくなります。

 

申し込み条件として年齢制限などもありますが、これらの3つの点をクリアしているかが重要なポイントとなります。

 

 

消費者金融でお金借りる時の審査を知る!

消費者金融の審査は甘いわけではありませんが、銀行よりも小さな金額の融資も行うので、融資可能となる対象者が多くなります。

 

例えば、銀行の審査に通らなかった場合でも、消費者金融での少額融資なら可能となったケースはあります。自分の借入したい金額や重視する条件などを考慮して、どちらに申し込みをするか選択すると良いでしょう。

 

 

お金を借りる時に銀行と消費者金融のどちらを選択すれば良いかは、それぞれの特徴と自分の置かれている状況によって変わります。ここでは、銀行と消費者金融のそれぞれの特徴と考慮すべきポイントについて説明します。

会社や家族に内緒で銀行カードローンを利用する

銀行カードローンでも消費者金融のカードローンでも利用をする事を知られたくない事もあります。特に職場や家族には内緒にしておきたいと思う人も多いでしょう。
それならばいくつか注意すべき点がありますので、参考にして頂きたいと思います。

 

借入時の郵送物について

まず新たに契約やカード申込みをすると契約書やカードが自宅に郵送される事が多いです。郵便物が自宅に届く事で家族にその時点でバレてしまう可能性は高くなります。その場合ではテレビ窓口を利用して契約やカード発行を行うと郵送の回避が可能になります。

 

ATMや自動契約機を利用する

また初回の借入れでネットキャッシングを利用したり、返済で口座振替を利用する事で、後日にカードが発送されて来たり、通帳に引き落としの明細が記載されてしまいます。その場合にもカードの発行はテレビ窓口で行い、借入れや返済ではATMを利用する事が大切です。

 

返済の延滞に注意

そして家族に知られない為に最大限に注意すべき事は、返済の延滞です。電話による督促が自宅の電話の登録をしていると掛かって来る場合もあり、郵便でも督促状が届きます。そのような事態になると、家族にも隠しきれないという状況になります。

 

お金を借りる際の在籍確認の電話

職場に知られたく無い時には、在籍確認の電話を配慮して貰うようにしたいものです。個人名での電話が基本となっていますが、銀行からの電話ならばそれほど誰も不審に思わないという事もあります。借金の目的を銀行が本人以外に話す事は有り得ない事なので、銀行からの在籍確認はそれ程神経質になる事もないと思われます。

 

銀行カードローンの利用では職場よりも家族に対しての注意が必要となる事が多いと言えます。内緒で借りたい・バレないように借りたいなどの場合は最大限配慮してくれるサービスを選択するのが肝です。

 

まとめ

銀行カードローンは申込み方法は消費者金融と変わらない方法となっています。土日や夜間の借入れにも対応をしてくれる銀行もありますが、在籍確認で翌営業日扱いになる事もあります。
家族や職場に借金を知られたくない場合には、利用の方法を考えると良いです。

「お金を借りたいけど、どこにしよう・・・」と悩んでいる方へ。



銀行や信金よりも「有利」な条件のある借入先をご存知ですか?

全国どこからでも24時間申し込みができるサービスがプロミスというサービスで、実は銀行よりも速い時間で融資を受けられるケースも多いのです。

プロミスは、借り入れ可能か、簡単3秒診断(無記名でOK)というのがとても便利で人気があります。(プロミスは1万円からお借り入れが可能です)

借りれるという診断が出てから正式に申し込めばいいので一度試してみてはいかがでしょうか?

◎→プロミスの詳細


プロミスのおすすめポイント
全国どこからでも申し込み可能
24時間申込可能
最短1時間融資
来店・保証人・担保→不要
借入のことをバレないように配慮
・・・大手ですから安心感と信頼感は抜群です